保育士の求人と年齢制限

保育士試験も登録も、年齢制限はありません。
何歳でも保育士になれるチャンスはあります。
専門学部や学科を修了していなくても、通信講座で受験資格を取得することも可能です。

保育士の求人の情報はすぐに役立ちます。

そこからさらに保育士試験を受けて合格する必要がありますが、何歳でも万人に平等に道は開けているということです。

ただし、求人には年齢制限があることがあります。

小さな子供を相手にするのが仕事なので、体力のある人材を欲しがっているところが多いからです。ただ、管理職のような仕事であれば、保育士たちのシフトを管理したり、統率するような仕事もあります。

このような仕事であれば、40代以上の体力が衰えてきた人でも働けるでしょう。



年齢制限はないとはいえ、転職で求人先を見つけるつもりであれば30代以降は難しくなってくると思っておいたほうが良いです。

特に公立の保育所は年齢とともに給料が上がっていく傾向にあるので、途中で転職してしまうと金額的に不利になる可能性もあります。
うまく求人を探すのであれば、転職支援サイトを利用すると良いです。
転職エージェントが利用者の適正を見ながら仕事を探してくれるので、マッチングしやすいです。
どうしても仕事が見つからないというときには、年齢がハードルの原因になっている可能性があります。



保育士の平均年齢は35歳前後とされているので、これ以上年齢が高くなると転職市場では若干不利になるということを理解して、早めに備えておきましょう。